Amiとは

Amiの特徴

法曹業界に特化

担当スタッフ向けは、弁護士が行う社内勉強会や法曹三者へのインタビューを通じて、法曹業界特有の悩みや業務の流れ、法曹になる方法等の基本的な知識の習得に努めております。
また、担当スタッフの中には、業務上、弁護士や裁判所、検察官と連携した業務経験を有する者がおります。このような提供体制から、当社は、法曹業界に特化したサービスの提供が可能です。

利用したことが誰にも伝わりません

担当スタッフは、公認心理師の資格を有し、公認心理師法第41条に基づく守秘義務を負っており、守秘義務違反時には資格喪失・処罰を受ける可能性があります。
また、オンラインでのご予約・ご提供となるため、予約の電話を聞かれる可能性はなく、相談に行く姿を見られることもございません。特に、地域密着型で業務展開されている弁護士や職場の方に知られたくない方々にとってメリットが大きい点かと存じます。
利用者と同じ立場である弁護士がサービスを運営しており、守秘義務を徹底し、当社内部においても、利用者様の情報を原則共有しておりません。生命にかかわる緊急時の対応や事前に承諾を取得した場合等の限られた場合、必要な範囲で共有する運用となっております。

多様な専門性を活かしたサービスの提供

担当スタッフは、病院、学校(小学校・中学校・高校・大学)、企業、被害者支援機関、福祉法人、児童相談所等、多様な機関でメンタルヘルス支援を行った実務経験があります。加えて、産業カウンセリング、後見人業務、被害者支援、LGBTQ、夫婦関係、マインドフルネス等の多様な分野での活躍をしており、ご利用者様の相談に応じた専門性を発揮できるスタッフが揃っております。

厳選されたスタッフが所属

担当スタッフ全員が、カウンセリング関連資格のうち、唯一の国家資格である公認心理師を有しております。また、担当スタッフの多くが民間資格の中で最も有名で最も難関な資格である臨床心理士を有しております。そして、担当スタッフ全員が最低でも6年以上の実務経験を有しており、20年以上の実務経験を有するスタッフが半数近くおります。